BWインディーズ様激推し企画

角川様が運営するBW様のBWインディーズは、従来から一強だといわれてきたアマゾン様とまさに双璧を成すといえる国内重視の日本製のサービスです。非常に大きな可能性を秘めていて、伸びしろは無限大にあり、まさに今こそ誰もが利用すべきだといえます。なぜならグローバル企業であるアマゾン様の寡占についてリスクがあると多くの人たちが言及したことからも日本製のサービスとの二強体制が作られることは望ましいからです。また、BW様のサービスは実際に非常に高いレベルの高品位の読書環境を読者様に提供できるもので、実際に使ってみた実感としてもおすすめできます。僕は最近、BW様で何冊もの作品を継続して読み続けていますが、極めて満足しています。個人出版のための販路様としても、我々電書会レーベルの作品はわずか一週間で約300部もの部数増を達成することができました。我々だけに関していえばアマゾン様よりも売れているとすらいえます。毎日30部も部数増できるわけですからすばらしいですよね。30部ですよ。毎日これだけ売るのがどれだけ大変かということです。BW様にはまだそれほど数多くの個人作家が集ってないのでこれからの伸びしろも大きいです。商業作品と個人出版作品が同じシステムでリニアに包括されていること、ここに非常に大きな価値があるのです。これからの時代、誰もが空気みたいに出版できることはもはや達成された目の前の現実だといえます。やっていきましょう。