わさらーと黒川祐希 対談 〜デジタルネイティブはどこへ向かうのか〜

LINEグループで1万人を超える会員を率い、「若者の神」とさえ呼ばれたカリスマ高校生、
「帝越コク」こと黒川祐希氏と、Twitterのアーリーアダプターで著名ブロガーのわさらー氏
による約一時間の対談を収録。ネットとともに生きてきた「デジタルネイティブ」の二人が、
各々のSNSの使い方から、社会論、死生観までを圧倒的な熱量で語り尽くす。さらに日本最大の
ネットユーザー交流団体を率いるTwitter界の権威、「かみなん」こと上永顕理尊師が解説を熱筆!!
全ネットユーザー、若者関係者、SNS専門家必読の書。Twitter文化史として価値のある一冊です。

目次:

・まえがき
・なぜTwitterは注目されないか
・チャレンジとリスク
・政治とインフルエンサー
・スマホは臓器だ
・スマホ世代と読書
・カルチャーは一般化すべし
・ツールとしてのネットと集団意識
・通信の傍受と個人のリテラシー
・LINEカルチャーの変遷
・ネットでの売名と匿名性
・サービスの変化はどこから生まれるか
・リアルとネットの関係性
・これからの黒川祐希
・わさらーの目的
・動画コンテンツの可能性
・環境問題を語る
・死生観と理性
・年齢を重ねて変わること
・「デジタルネイティブ」の作る未来
・「ふぁぼ界隈」はどうできたか
・SNSユーザーにひと言
・解説 ~ツイッタラーとは何か~
・あとがき
・奥付

人物紹介:

わさらー
農家、ブロガー。匿名クラブ理事、副会長。2003年にブログを開設し注目を集める
ようになる。その後2008年に開設したTwitterアカウントが注目され影響力を持った
「アルファツイッタラー」の代表的人物として知られる。2011年にツイッタラー団体
「わさらー団」(現、匿名クラブワサラー団コアブランド)を設立し非常に話題となり
同団体の実質的指導者として各種企画を実行、現在同ブランド事業統括。2014年に
匿名クラブ副会長に就任する。2016年からWebメディア「Adect」ライターを務める。
電子書籍普及委員会会長、ツイッタラー団体連合会発起人などの要職を兼務している。

わさらー団公式ブログ https://www.wasara.work/
わさらー団公式サイト http://wasara.fto.red/
Twitter @wasarano

黒川祐希(くろかわ ゆうき)
本名、黑川祐希。1999年生まれ東京都出身。匿名クラブ「帝越グループ」コアブランド
総裁。2013年7月、「帝越コク」のハンドルネームでLINEグループ「何でも屋」を設立
した後、急速に規模を拡大する。のち「帝越グループ」(現、匿名クラブ帝越グループ
コアブランド)と名称変更し、日本有数のLINEグループとして世に知れ渡る。2015年
より本名を公開して活動しており、Webメディア「Tobira」「社長訪問」でライターを
務める。特定非営利活動法人青春基地編集部員、学生団体GreeITs代表などを歴任する。

帝越グループ http://mikagoshi.tkm.club/
Twitter @youkill1215

上永顕理(かみなが けんり)
1998年生まれ、東京都出身。匿名クラブ会長。2014年3月にTwitter団体「匿名クラブ」に
入会。企画などに携わり、サイトマスター、幹部を経て9月より会長。就任後半年で当時
世界最大規模の団体に成長させ、「Twitterの尊師」の異名を得る。2016年匿名クラブ内で
Webメディア「Adect」(アデクト)を立ち上げ、サイトマスターに就任。同年会長を退く
ものの、総帥、理事長を経て、現在は会長に復帰している。電子書籍普及委員会理事長
日本非モテ男性機構代表理事など、各種の要職を務める。ハンドルネームは「かみなん」。

公式サイト https://himote.pw/
匿名クラブ https://www.tkm.club/assoc/
Adect https://www.adect.net/
Twitter @oi_o2

内容紹介と試し読み アマゾン様・朗読版(Audible)

アマゾン様・電子書籍 アマゾン様・紙の出版物

まえがき 目次に戻る

「デジタルネイティブ」とは、生まれたときからインターネットのある生活環境が当然のものとして育ってきた世代のことをいう。この世代にとってインターネットは、空気や水と同じように、常に身近にある生きていくうえで欠かせないもののひとつといっていい。私自身も現在高校三年生で「デジタルネイティブ」にあたる世代であるが、幼少期から自宅のパソコンにはネット回線が引かれており、インターネットを長い間活用し続けていると自覚している。

 この「デジタルネイティブ」世代は、スマートフォンの爆発的な流行と普及によって、急速にその姿を変えつつあるという。

 スマートフォンがもたらした直感的な操作性と携帯電話データ通信の高速化は、インターネットユーザーをその利用場所という制約から解放した。今や街中で周りを見渡せば、スマートフォンを片手に歩いている人を見ないことがないほどだ。

 日本で最初の本格スマートフォンiPhone 3Gが発売されたのは2008年。今高校二年生の人たちは、小学三年生のころからスマートフォンがすでに世間に登場していた世代ということになる。

 とりわけ都市部の子供たちは早くから携帯電話を持たせられる傾向が強いようで、内閣府の調査では、2012年度の時点ですでに小中高生の3人にひとりがスマートフォンを持っていたという結果が出ている。

 この、あまりにも急速なスマートフォンの普及は、私たちの生活に大きな恩恵をもたらしたとともに、深刻な弊害も浮き彫りにした。

「ながらスマホ」などの危険な行動はいうまでもなく、「スマホ中毒」患者も近年増加し、日常生活に支障をきたす若者も増えているという。さらには、小さなころから周りにスマホしかなくパソコンを操作できないという、今までの「デジタルネイティブ」の常識では考えられないような若者も少なからず出てきている。なかにはネット上で繋がった相手と深刻な問題を引き起こしてしまう人までおり、対策が急がれている。

 2016年1月3日の朝日新聞の記事で私がインタビューを受け、こうした「スマホネイティブ」の現状について語ったこともあり、私のところにも多数のメディアから取材依頼が殺到した。「スマホネイティブ」世代の生み出した新しいカルチャーは、功罪併せ持つ複雑なものになっている。そのうちTwitterユーザーに関するもののなかでも、事前知識のない方には理解しがたいと思われる点のみ「解説」として末尾に掲載したが、詳細は別の機会に紹介することにする。

 本書は、私が代表を務めるネットユーザー交流親睦団体「匿名クラブ」でそれぞれ役員となっている、ソーシャル情報サービス「Twitter」でフォロワー約19万人を擁する「わさらー」と、現在高校二年生(収録当時は一年生)で、メッセンジャーアプリ「LINE」での多大な影響力から「若者の神」とさえ呼ばれた「黒川祐希」の二名で行われた約一時間の対談を収録したものである。

 わさらーは2008年からTwitterを続け、ツイート数は50万、フォロワーは19万人に及んでおり、ファンからの支持も篤い。彼は匿名クラブで副会長を務め、「ワサラー団」コアブランドの事業を統括するなど、大変熱心に活動をしている。その傍ら執筆業にも取り組んでおり、処女作の「わさらーが語る! Twitterの歴史」がKindleストアのコンピュータ・ITカテゴリで一位を獲得するなど多大な実績を上げた、SNSユーザーの第一人者だ。

 黒川は、2013年7月に「帝越コク」という名義で「何でも屋」と銘打ったLINEグループを発足し急速に規模を拡大させた。匿名クラブでは、参謀長、副会長を歴任し、現在はインターネット有数の大規模グループとして知名度と影響力を上げたLINE最大規模グループ「帝越グループ」コアブランドを統括している。

 本書の執筆を電子書籍普及委員会の犬吠埼一介代表から依頼されたとき、私はすでに他の本の執筆に取り掛かっていたので、一度は断ろうと考えた。しかし、対談の中身を聞いて、「これは書き起こして世に出さねばなるまい」と思い、予定も考えず引き受けることにした。この理由は、最後まで目を通していただければ読者諸氏にもお分かりになるだろう。

 本書は、時代の最先端を行く彼ら二人が、自身のSNSの使い方から政治問題、さらには死生観までの幅広い論題を、荒削りながらも鋭い観点から論ずる構成となっている。本書を、デジタルネイティブ、スマホネイティブへの理解を深める一助にしていただければ幸いである。

    2016年12月
              匿名クラブ 責任役員代表理事理事長  樋茂 国明

なぜTwitterは注目されないか 目次に戻る

わさらー「今回は、今話題の、そして今後も話題になっていくであろう黒川祐希くんとわさらーのそれぞれが、SNSや今の世の中に関してどう考えているのか話していこうという会を設けさせていただきました。よろしくお願いします」
黒川祐希(以下:黒川)「よろしくお願いします」
わさらー「じゃあ、自己紹介といったところからいきましょうか。まず自分からなんですけど、自分はTwitterをやり続けていて、新しいことに挑戦できたらいいな、と思って本を出したり、ライブをしたりしていますが、ちょっと人気になりきれていない(笑)わさらーという者です」
黒川「僕は、LINEで活動していたら、何かちょっと注目度が上がっちゃって、名前がひとり歩きしてるんじゃないか(笑)と悩みながらも、高校生ライターという肩書きでいろいろとやらせてもらっている黒川祐希という者です。「帝越コク」って名前でLINEをやっていたんですけど、「黒川祐希」っていう名前に変えて活動しています。よろしくお願いします」
わさらー「よろしくお願いします。って、黒川くんはただのライターの域を越えてるじゃないですか(笑)。今の自己紹介を聞くと、普通な感じがしてしまいますけど」
黒川「まあそんな感じはしますよね」
わさらー「全然普通じゃないですからね。もう「SNSの申し子」みたいになってますよ。LINEで活動していたときはLINEのときで、かなり人気でしたけど……そもそもブレイクのきっかけになったのは、「Kakeru」(注:株式会社オプトのオウンドメディア)っていう、ネットの記事」
黒川「そうですね、あのバズった(注:多く閲覧された)記事。あれがほぼ今の知名度を得たきっかけですね」
わさらー「どういう経緯で取材の話が行ったんですか?」
黒川「あれは、「匿名クラブ」に関する取材がきっかけだったんですけど、メディアの方は、その活動のなかでも特にLINEのほうに注目していって、私に取材がきたって感じですね。」
わさらー「匿名クラブって、メインはLINEの人たちじゃないもんね」
黒川「はい。Twitterを中心に活動している団体じゃないですか。なんですけど、メディアの人たちは、何か分かんないんですけど、Twitterのほうはメディア受けしないと思ったのかは分からないんですけど、LINEのほうに興味を示したんですよね」
わさらー「へぇー」
黒川「これは予想ですけど、いわゆるツイッタラー(注:Twitterユーザー。ここでは狭義)とか「ふぁぼ界隈」(注:「いいね」などのツイートへのエンゲージメントの増加を目指すユーザー。詳しくは後述)って、多分大体の大人は「そういう世代があるんだな」って予想はつくし、想像はできる世界だと思うんですよ。でもLINEのほうは、「LINE民」とかそういう界隈って想像もつかない。だって多くの大人ってLINEは一対一、もしくはグループトーク……まあせいぜい自分の現実世界で面識ある人とトークするときにしか使用しないから。だからそういうところで見知らぬ人とコミュニケーションしている、そういう「SNS」的な、そういう界隈がカルチャーとして浸透しているっていうのに衝撃を受けたんじゃないかと。そっちのほうがメディア受け、世間受けもしやすいという考えで、匿名クラブのLINEセクションばかりに注目したのかな、と個人的には思っています」
わさらー「なるほど。まあLINEのほうが「後」だから、想像しづらいっていうか。Twitterも最初はそうでしたからね」
黒川「だからTwitterなんかは、別に今さら「バーン!」って注目されるものではないのかなと」
わさらー「確かに。まあ匿名クラブっていったらワサラー団も匿名クラブのブランドだし」
黒川「匿名クラブのTwitterセクションのことを悪くいうつもりはないですけど、そういう形になってしまったかなと」
わさらー「まあでも、いいんじゃないですか。こういう風にグループ同士で組むと、メンバー同士で繋がりが生まれて。お互いが匿名クラブに入っていなかったら、わさらーと「帝越コク」もまったく繋がらなかったかもしれないからね」
黒川「そうですよね」

続きはぜひアマゾン様のKU=キンドルアンリミテッドでお楽しみください!
冒頭の表紙をクリックすればアマゾン様の内容紹介ページへすぐに飛べます。

目次に戻る トップページに戻る

小学生のころのえっちないたずらの話でもしようか

「ちょっとぉ・・止めてよぉ・・あぁあああっ?!///」高まっていくエロい声。

あざとい微エロ小説です。小学生の女の子の伸びやかな美脚を思いっきり開脚
させて恥じらいの嬌声を上げさせます。強制的にね、嬌声だけに。机の下から
足を伸ばして小学生の女の子の股間をぐりぐりします。不意打ちで股間を蹴り
上げるリアクションをして、思わず腰を引いて悲鳴を上げる様子を堪能します。

じっと股間をガン見してそっと手で隠す恥じらいの様子をさらにガン見します。
さて僕は今、何回股間といったでしょうか。難解ですねぇ何回だけに。駄洒落
はつまらないけどノンフィクションとしては面白いんじゃないですか。だって
読みたいでしょ。多少盛ってますよ。そりゃ、盛ってはいますけど、ある程度
ガチの「懐かしいえっちないたずらネタ」ですよ。これが一番検索されるんだ
よなぁ。くくく。さて、始まり始まり。微エロいよ。あざといよ。最高だろぉ?

100万ポイントの純情、降霊術師の街・全年齢版など、電書会レーベル作品各種が
アマゾンのKUで読み放題です!こちらの作品が読まれれば読まれるほどくすぐりと
催眠のイラストを無償で掲載いたしますので、ぜひお楽しみいただければ有難いです。

 小学生のころのえっちないたずらの話でもしようか。今までで一番萌えた思い出があって。女の子同士がやってるいたずらなんだけど、じゃんけんして、負けたほうがペナルティで出した手と同じかたちに足を開くわけよ。勝ったほうは追撃で自分の足で相手の足を広げて引っ張っていいって遊びなんだけどね。

 すごかったのは、同じクラスの、黙ってるけどバレてるレベルで僕のことが好きな女の子と、その子ほどじゃないけど僕のことをかなり意識してる女の子の二人組が、ちょうどこのゲームをしてたのね。んで好き子が負けて、意識子が意地悪っぽい感じで足を広げてくわけですよ。キャーっていう好き子の悲鳴。

 そこにちょうどいいタイミングで僕が通りかかったものだからさあ大変。両脚を無防備に左右にがっつり開いて、さらにぐいぐいと意識子の足先で強引に広げられて、開脚しながら下がっていこうとしてる好き子、真正面から僕と見合うかたちになって。それに気づいた意識子も悪ノリして、さらに責めるわけ。

 不安定な力の入らない体勢で、好きな男子にガン見されてる恥ずかしさも手伝って、どうすることもできないままどんどん容赦なく両脚を開かれていく好き子。にやにやが止まらない意識子。いや、お前も俺のこと好きやろ。w 好き子「ああぁあーっ!?w ちょおぉーっとぉーっ!//」とか、超エロい声。

 このときはほんとすごかったよね。どうにか抵抗しようとして両脚を閉じつつ、まったく閉じられてない好き子、もう心臓ばっくんばっくんだったと思う。あまりの刺激とエロいシチュエーションに、乳首はピンピンで、子宮もきゅんきゅん響いてたと思う。初めて誰かにイカされたとき並みの快楽だったはず。

 結局、その場は惜しいことに周りの生徒たちの目もあるしで漠然と終わったんだけどさ。そのエロい罰ゲームというか、エロ処刑というか。俺のこと好きなの隠してるけどバレてる好き子が、俺のこと意識してて好き子が俺のこと好きなのも知ってる意識子に、どうすることもできずに無理矢理開脚されてく姿?

 いやー、感動するほどの恍惚感というか、エロさを感じましたね。もう最高ですよそのショーは。俺は皇帝かっつーの。w 小学生のナマ脚大開脚ですよ。しかも好きな男子に目の前でガン見されながら、どうすることもできずに不安定な姿勢で開脚されながらの、思わずこぼれるエロい声ですよ。150点!w

 このときの好き子の嬌態、エロい声を思い出すだけで、今までに合計で1000リットル分くらい抜いたかもしれんね。僕のなかでの思い出のエロシーンとして殿堂入り確実だよ。えっちないたずらに興じてたのが、好き子と意識子だったっていうのが最高だね。他の子だったらここまでは萌えなかったと思う。

 むしろ僕が好きなのはまた別の子だったんだけどね。本命子は本命子で、クラス全体をぐいぐいリードする、妖艶で奔放な明るいエロっ子だった。さばさばしてていい身体してて、えっちないたずらにも自分から積極的に参加、大胆で大きなエロい悲鳴、よく観ると常にどこかで角オナしてるほど積極的だった。

 本命子に対して、もっとえっちないたずらを積極的かつ日常的に繰り出していけばよかったなぁと。ただただそれだけが僕の人生における後悔だといえるくらいで。本当にいい脚してたんだよねぇ。デニムのミニスカばっかり履いてて。そこから伸びた脚が本当にきれいで艶めかしかったんですよ。最高だった!

 僕ってそこから今に至るまでずーっと脚フェチなんだけどさ。やっぱり原点はその本命子の美脚ありきだと思うんだよねぇ、どう考えても。w はぁー。あのときどうしてもっと積極的になって、本命子の挑発的なデニムのミニスカから伸びた、すべっすべのナマ脚にむしゃぶりついていかなかったんだろうか。

 あるとき、本命子が少し離れた隣に座ってたんだけど、魅惑のマシュマロふとももをぴったりと閉じ合わせてくっつけた状態で座ってる本命子の、デニムのミニスカの裾辺り、脚の付け根を超ガン見してたのよ。何せあまりにもエロかったもんで、思いっきし集中してじぃーっと。そんで、はっと気がついたら。

 俺の視界には当然、今まさにガン見してる本命子の超まぶしいマシュマロふとももしか入ってないわけなんだけど。すごーく控えめに、そっ・・と添える程度に、脚の付け根に本命子のかわいい両手が、おじぎするときみたいに添えられたのね。ガン見しないでください、みたいに。何それぐうエロいじゃん!w

 他にも、本命子のすぐ後ろの席に座ってたとき、本命子が一瞬椅子から身体浮かせて何かしてた隙に、俺がすかさず手近にあった太い棒みたいなのをさっと本命子のお尻の下の位置に置いたんだよね。座ってすぐ、むぎゅっ、びくっ、てなって、「ちょぉっとぉおおおーっ?!w」っていうエロい声いただき!w

 しかも爆笑したのが、俺の近くにいたずら好きの男子が座ってて、そいつが真っ先に疑われてたんだよね。僕様ちゃんって小学生当時から真面目で純情だと思われてたから、まさかそんな大胆なことをしようだなんて有り得ない、疑われないわけよ。それがまたおかしくて。お、俺じゃねぇよ、とかいってて。w

 でも考えてみてよ。好き子も、意識子も、かわいいほうのトップから数えたほうが早くて、利発で積極的で、クラスをリードしてるエロっ子なんだぜ? そんなよりどりみどりな状態なのに、俺が一番好きなのは本命子。そのまさに本命子の、少し非難してる流し目みたいなエロい視線、エロ声。たまらない!w

 不幸なことに、本命子自身は、俺のことをあまり好きじゃなかったみたいなんだよねぇ。それが一番、僕の女性遍歴を狂わせる出来事だったと思う。こんなにも犬吠埼ハーレムみたいなエロエロパラダイスのクラスなのにね。本命子はどこか複雑な顔を俺に向けてた。いったい誰だったんだろう本命子の本命は。

 あとは、意識子に対しても俺はエロいことしてたよね。意識子とじゃれ合ってる最中に、不意打ちで股間を蹴り上げる大胆なモーションをかましてやったのよ。キャッ! とかいってびくっとするあれね。w まさか俺がそんなことするとは夢にも思わないからずざっと身を引きつつ股間に手を添える意識子。w

 意識子に大胆なことしたこの思い出は好き子の話と同じくらい衝撃的で、100リットルくらい抜かせてもらったね。何しろ僕が能動的にこの手の行為ができた超絶貴重な体験だからね。w ただでさえエロい意識子の両脚の付け根に吸い込まれていくつま先、桃色の電撃にびくっとして思わず腰を引く意識子。

 股間にヒットさせずぎりぎりで寸止めしてしまったんだけどね。惜しかった。どうせなら連続ヒットさせて、きゃっ?!// とかいって意識子がひるんで力なく座ってしまったところを、両足首を掴んで持ち上げて無防備な体勢にして、股間に足の裏を当ててががががが! って電気あんましたかったなぁ。w

 ああぁあぁーっ?!// ちょおぉおっとぉーっ!w とかかわいらしくてえっちな嬌声を上げる意識子の股間に容赦なく電気あんまの刺激を叩き込んで、全身を蕩けさせて。両足首をクロスして、ぐるりと身体を強制的に上下反対向きにして。どうすることもできずに電気あんまの刺激に溺れさせたかったね。

 そしてそのまま、熱い吐息を漏らしてぐったりと動かなくなった意識子に覆いかぶさり、無防備な全身に手を這わせたり、濃厚な連続キス責めで口を塞いだりしたかったもんだ。空想ではいくらでもできるけど小学生のころのえっちないたずらってもんはもう二度とできないんだよね。だから価値があるのよ。w

 全然違う場面だけど、さっき疑われてたいたずら好きの男子が、また別のこれまた地味かわいい地味子に対して、でかい机に座った状態で正面にいる地味子の下腹部を机の下から伸ばした足先でぐいぐい押してたのよ。俺はすかさず、やつが油断した隙に自分も足を伸ばして、地味子の敏感な股間をぐいぐい。w

 下腹部から敏感な部分へとぐりぐりずらしながら押してやったんだけどさ、「ちょっとぉ・・止めてよぉ・・あぁああっ?!///」みたいに、段階的に高まっていくエロ声に興奮しました! いただきましたー!w しかもさらに追撃しようとしたら、さすがに効いたのか腰を引いちゃってるところが最高!w

 ちなみにどういうわけか、この地味子からもバレンタインチョコをもらいました、このえっちないたずらの少し後にね。よほど俺の股間ぐりぐりが効いたんだろうか? いたずら好き男子の足先なんて目じゃないくらい気持ちよかったんだろうか。w まあ僕のことを好きな子は他にも何人もいたんだけどね。w

 さっきの好き子にしたって・・そう、僕のことを一番明確に好きだったのは何しろこの好き子なんだけどね。遠足のときも僕の後ろにぴったりとついて歩いてる健気なところもあったっけ。高さの高い鉄棒で、棒の部分で角オナするみたいにして僕の正面で好き子がぐいぐいしてるのを、彼女と仲のいい男子が、

 好き子が俺のことを好きなのも知ってるし、好き子が目の前に立ってる俺を見下ろしながら鉄棒でぐいぐい角オナしてるのを知ってる状態で、仲のいい男子がさ、おもむろに、好き子の頭の後ろに手を添えて、ぐりんっ! って前に回したのね。好き子「・・!///」声すら出せないレベルで悶絶してんの。w

 そこから得られる教訓がひとつあるとしたらだな、その好き子と仲のいい男子は、好き子と俺の仲を知った上で、嫉妬もありつつ、好き子の嬌態をにやにやと眺めつつ、さらに隙を突いて僕の前で羞恥心抱かせようとして強制角オナ前回りしたわけでしょ。やっぱそういうメンタリティごと責めるみたいな部分?

 そういうのがないとえっちないたずらとはいえないんだよねぇ。傍目に観ただけだけど、別のクラスの女子が5、6人でじゃんけんして、負けた子の両手両脚を輪姦みたいにしてそれぞれが手で捕まえて、身動き取れない状態で、責め役の女の子が股間をまさぐるみたいなハードないたずらもやってたからね。w

 それだって、全身を多人数から掴まれて拘束されてる高揚感あっての、責め役の子からの攻撃を一切ガードできないどきどき感あっての、股間まさぐりなわけでしょ? しかも俺がじっと観てるのを気配で察知されて、あ、男子が観てる、みたいに気まずそうに散開してるところも何だかかわいらしかったね。w

 まあそんなこんなで、小学生のクラスなんて、よく観ればそこら中で女の子が角オナしてるわ、女の子同士で容赦のないえっちないたずらしてるわ、キャーッ!/// っていうエロい悲鳴がそこら中から聞こえてくるわで、本当にエロエロパラダイスでしたね。思いっきり密着してふとももまさぐりたかった。

トップページに戻る